レバー

葉酸は加熱に弱い?

野菜などから葉酸を摂取することができますが、葉酸はビタミンの一種ですから、とても熱に弱いです。
野菜は通常、生野菜として食べる、または加熱をして食べます。
栄養を損なわないように食べるには、一体どうすれば良いのでしょうか。

葉酸は水溶性ビタミンに分類されています。
水溶性ビタミンの性質といえば、水に溶け出やすく熱に弱いという性質です。
葉酸も同じように、水に溶けやすく熱に弱いという性質を持っており、加熱調理をしてしまうと栄養は半分以下まで減ってしまいます。

代表的な食材と言えば、ホウレンソウですが、ホウレンソウは水に浸しただけでもしなしなになり、通常の大きさよりも小さくなります。
更に加熱調理をすると、最初の大きさよりも4分の1程度になってしまうでしょう。
この時、ホウレンソウに含まれる葉酸の量は、半分以下になってしまっています。

ではどうすれば、効率的に摂取できるのかというと、一番は生野菜です。
生のまま食べることで、食材に含まれる栄養を損なうことなく食べることができます。
この時、マヨネーズやドレッシングなどを使うと、カロリーを摂り過ぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

また、食べ物に含まれる葉酸はたった50%しか活用されません。
ほとんどが、体外へとそのまま出てしまうので、サプリメントから摂取するという方法も最適です。
サプリメントの場合、80%程度は吸収できるので、食べ物から摂取できない方にとっては手軽です。
料理が好きだという方は、加熱調理で栄養を損なわない方法に挑戦してみてください。
たとえば、スープや汁物のレシピなど。
栄養を考えながら料理を作るのは、とても楽しいものです。

このようにビタミンの一種である葉酸はとても熱に弱く、加熱処理をして食べるべきではない栄養素でした。
サプリメントなどから摂取すると、調理もせずしっかり摂取することができるのでとても楽です。
自炊していない方や、様々なレシピに挑戦できないという方は、サプリメントから摂取すると良いでしょう。